明星大学

全学共通教育委員会

つなぐ学び

教員紹介

金 庚芬

  • KYUNG-BOON KIM 教授

担当科目・専門分野

主な担当科目の紹介

担当科目は、外国語科目の「韓国語1B・2B」、「韓国語3B・4B」、「上級韓国語1・2」、韓国の言語・文化・社会について学ぶ「外国事情A(アジア)」、言語と社会の関係を考察する「言語文化特講A」、5つの言語文化について輪講形式で紹介する「世界のことばと文化を知る」、そのほかに「教育実践ゼミ1・2」、「海外語学研修A」などです。

専門分野・研究テーマ

専門分野は社会言語学、会話分析、韓国語教育です。会話での言語行動から見た対人関係調整の志向性を解明することを目指して、日本語と韓国語の日常会話に表れる日韓のことば使い、会話の流れ、配慮の仕方での類似点と相違点を分析、考察しています。また、これまで明らかにしてきた日韓の異同を韓国語の会話教育に活かすための教材、教授法を開発する研究を新たにスタートさせました。

専門分野に至ったきっかけ、背景、専門分野の魅力

日本とのご縁は、高校2年の時、学校行事で日本人の友達に出会ったことがきっかけです。また、日本に来てまもない時期に、洋服をほめられて、韓国式のノリで調子にのって自慢したら、友人に苦笑いされて、自分の当たり前に思っていることが、ことばや文化、社会によっては当たり前でなくなることに気づいたことが研究の出発点です。何気ないおしゃべりや会話には、人々の価値観や、思いやり、文化などが反映されていて、その似ていて違うことばや文化について研究することはとても楽しいです。

基本情報

連絡先

  • kimkb(アットマーク)ge.meisei-u.ac.jp

オフィスアワー

木曜1限(Zoom対応可・要事前メール)

研究者情報

学生へのメッセージ

自信を持って、未来を恐れないこと、日本だけでなく世界という視野を持ってほしいです。また、学生時代にしかできないことをたくさん経験して、失敗して、学んでください。それと、本音で話せる友人は人生の宝物!