明星大学

全学共通教育委員会

つなぐ学び

外国語教育

スペイン語

どんな言語?

約4億8千万人が母語として使用し、スペインだけでなくアメリカ合衆国や日本にも話者が存在します。コロンブスによる新大陸「発見」以降、キリスト教の布教と征服事業の過程で、中南米にも広まりました。スペイン語・スペイン語圏は、その社会的・文化的広がりや地域的特色の多様性、他言語との影響関係など、多様で複雑な様相を呈しています。経済面でも、自動車・重機関連、商社、金融、インフラ事業など、様々な職業において重要な役割を担っています。

授業について

スペイン語科目では、履修者がスペイン語話者・学修者の視点を獲得しつつ、日本語や英語など、スペイン語とは異なる言語を学んできた、身に付けてきた、あるいは用いてきた自らの視点も相対化・変化させていく、という言語を通した異文化理解の醍醐味を体験できるような教育体制の構築を目指しています。

授業は、1年生から3年生まで、基礎(スペイン語文法)と応用(スペイン語会話・作文練習・講読)の往還を軸としつつ、十分な時間的余裕をもって履修者が学習できるよう、ゆとりのあるカリキュラムとなっています。すべての授業は、文法知識の説明とペア・ワークやグループ・ワークを通して、学生―教師間、学生―学生間で双方向的にスペイン語を学習する内容となっています。

さらに、4年生の上級科目では、日本国内をスペイン語で理解・表現する授業や、スペイン語ということばの歴史・多様性に焦点を当てた講読の授業を通して、スペイン語圏・スペイン語の奥行きと広がりについて相対的・多角的な視点を身に付けていきます。

なお、1年生科目に関しては、2年生以上も履修可能となっています。学年関係なく、スペイン語・スペイン語圏に少しでも興味のある方は、ぜひ1年生科目の履修をご検討ください。

課外活動

現時点(2023年度)では、図書館にスペイン語で書かれた絵本やスペイン語圏の映画、さらにはスペイン語圏のレシピ本まで、多数のスペイン語・スペイン語圏関連の書籍・DVDを配備し、貸し出しを行っています。これらの書籍・DVDは、授業でも活用し、学生のみなさんの多様な関心に沿いつつ、みなさんが視野を広げ、スペイン語・スペイン語圏の理解を深められるよう、支援していく予定です。
 加えて、2022年度は、課外活動として、スペイン語を第一言語(「母語」)とする先生のもと、前期に8回、後期に15回ほど、文化紹介も含めた会話講座を実施しました。スペイン語未履修の学生も参加可能なので、気軽にご参加ください。

学生の声

Q&A

スペイン語を選択した理由はなんですか?

公用語の国が多いので将来に役立つと思った。(経済学部1年 S.Hさん)

明星大学のスペイン語の授業と今まで受けてきた語学の授業の違いは何ですか?

ペアワークが多く、実際に口にしたり、耳にする機会が多く、より語彙の習得がしやすかったと感じている。(人文学部1年 T.Kさん)

スペイン語を学んでみて良かったことは何ですか?

他のラテン語起源の言語(ポルトガル語、フランス語、イタリア語)にも派生して考えられるようになったことです。海外旅行の選択肢も広がりました。(心理学部2年 R.Wさん)

他にもこんな声が届いています

自分の知らない知識を得ることがここまで楽しいことだとは思っていませんでした。(人文学部2年 N.Mさん)

文化の違いや価値観の違いを知ることができて、視野が広がったと思う。(教育学部1年 E.Oさん)

スペイン語圏の国に興味を持てたこと。新しい言語を学ぶことができたこと自体が楽しかった。(理工学部1年 Y.Sさん)