明星大学

全学共通教育委員会

つなぐ学び

教員紹介

内田 富男

  • TOMIO UCHIDA 教授

担当科目・専門分野

主な担当科目の紹介

私の担当授業は、「英語1A・2A・3A」、「英語A(再履修)」(全学共通教育科目)、「英語科教育法4」、「言語文化研究」です。「英語1A・2A」は1年生の必修科目なので、英語はちょっと苦手な人も再履修にならないように毎回出席し、しっかり学習しましょう。「英語3A・4A」は2年生の必修科目です、英語力一歩上昇を目指しましょう。「英語科教育法4」は英語科の教員免許取得のための教職科目です。言語文化研究は人文学部の科目です。

専門分野・研究テーマ

私の専門分野は英語とその周辺です。最近は、英語の色言葉を集めて、その意味や使い方などの研究をしています。英語の色言葉(色彩語彙[color lexicon])と言います)って何千種類もあるのですね。また、世界中の英語の訛りにも興味があり、米国弁、英国弁、日本人訛りやその他の国・地域の方言を集めています。さらに、英語教育の分野では英語教育における学習機会格差や「つながり格差」にも関心があります。

専門分野に至ったきっかけ、背景、専門分野の魅力

日本語だけではなく、もう一つ自分で使える言語があると楽しく、自分の世界が4倍以上に広がります。世界中のいろいろな国や地域に友だちができます。海外旅行も(お金と時間があれば)自由にできます。地球を旅していると、人々だけではなくいろいろな色とも出会い、訛った英語とも出会えます。色のない現実世界はない(最少2色)、訛りのない言語はない(無数)。この世の日常は色と訛りが支配しています。

基本情報

連絡先

  • tutida(アットマーク)ge.meisei-u.ac.jp

オフィスアワー

金曜2限

研究者情報

学生へのメッセージ

言語を問わず言葉の感性が大切。人を喜ばせる言葉、下品な言葉、人を殺す言葉もあります。いつも想像力を働かせて言葉を使いましょう。言語を学ぶことの意味は言葉のきまりや単語、発音を学ぶことでは完結しません。