明星大学

全学共通教育委員会

つなぐ学び

教員紹介

廣瀬 直記

  • NAOKI HIROSE 助教

担当科目・専門分野

主な担当科目の紹介

担当科目は「中国語3B・4B」、「外国の文学(アジア)」、「世界のことばと文化を知る」、「海外語学研修A・B」です。「外国の文学(アジア)」では、中国の神話や伝説について講義しています。神話や伝説を窓口にして、みなさんが文学や宗教、歴史、美術などに興味をもってくれたらいいなと思っています。

専門分野・研究テーマ

専門分野は広くいえば、中国宗教史、思想史。狭くいえば、六朝隋唐時代(3世紀から10世紀)の道教です。とくに道教という宗教がどのように形成され、どのように変化していったのか、また道教の聖職者である道士がどのような自己認識をもち、どのような集団を形成し、どのように社会とかかわっていたのか、さらにはどのような生の感覚をもっていたのか、ということに注目しています。

専門分野に至ったきっかけ、背景、専門分野の魅力

神秘的なものや不思議なものに興味があって、大学に入ったころは世界の神話や伝説を読むのが好きでした。その後、卒業論文で中国の仙人について取り上げ、大学院に入ってからは、仙人になることを目指す宗教である道教を研究するようになりました。私たちから見れば、道教の教えのある部分は絵空事のようなものかもしれません。けれども、現実と空想の入り混じった異世界のなかを懸命に生きていた人たちが、この地球上に存在したんだ、と考えてみると、なにやらおもしろそうではありませんか。ここではないどこかへ行ってみたい、見てみたい、触れてみたい、そんな気持ちをかき立ててくれるのが道教研究の魅力です。

基本情報

連絡先

naoki.hirose(アットマーク)meisei-u.ac.jp

オフィスアワー

火曜4限目、水曜4限目(Zoom対応可・要事前メール)

研究者情報

学生へのメッセージ

いまこの世界には、みなさんにとって「どうでもいい物」、「どうでもいい事」、「どうでもいい人」があふれているかもしれません。でも、大学生活を通して、一冊の本でもいいし、ニュースでもいいし、先生でもいいし、新しいタイプの友だちでもいいので、いままで興味関心のなかったものと積極的にかかわりをもってみてください。「意味があるんだ」、「関係があるんだ」と思えるものが少しずつ増えてゆけば、やがてそれらがみなさん自身の生をより強く肯定してくれるはずです。